出産イメージ

アメリカの高齢出産

芸能人の話題は良くありますが、そんな中でも芸能人の高齢出産の話題が女性から注目を浴びています
日本だけでなくアメリカでも有名人の高齢出産が話題になっています



マドンナの例

日本でも有名なアメリカの歌手マドンナも高齢出産の経験者です
38歳で初産を経験してから、さらに第2子を42歳で出産したことは有名です
子供を産んでからも相変わらず精力的に仕事をこなしている姿は日本のテレビでも目にしているはずです
育児に仕事に励むワーキングマザーの姿と言えるでしょう



出産後の仕事

アメリカでは芸能人に限らず出産後の女性が働きやすい社会といえます
日本の場合は正社員はフルタイムで働くのが常識になっていますね
そのため出産後には正社員ではなくてパートタイマーとして働くという人が多いのです
そして多くの人が出産後は仕事を変えるというパターンになってしまっているのです



しかしアメリカでは短時間勤務正社員という制度があります
結婚して子どもだ生まれても夫婦が共働きできる制度です



夫婦が二人ともフルタイムで働くと育児や家事に支障が出てしまいますね
出産後も同じ職場で育児を続けながら働く為に作られたのが短時間勤務正社員という制度です
アメリカにおいては働く女性の増加により、高齢出産をする人がとても増えています
そういう人達が、産休後も変わらずに働ける会社作りがアメリカでは確立しています
ワーキングマザーが働きやすい環境づくりは、これ以外にも行われています
男性が育児に参加できるように、男性にも育児時間を割いてくれる会社もあります
この様な様々な制度のおかげで、アメリカでは夫が家事・育児に費やす時間が1日2時間程度だそうです
日本は1日12分程度なので、その差は歴然としていますね





メニュー

妊娠中の注意点

芸能人の高齢出産

スポンサードリンク


リンク

高齢出産

Copyright (C) 2011 高齢出産. All Rights Reserved.