出産イメージ

病院選び

妊娠をしたら、まず病院を決める必要があります。
出産する病院は、「個人病院」あるいは「総合病院」のどちらかをまず決めましょう。
高齢出産の場合は、特に病院選びが大切です。

個人病院と総合病院を比べてみましょう。

・個人病院  良い点:同じ先生が毎回検査を担当してくれるため、不安や相談などがしやすい
     母子同室を設けている場合が多く、授乳などが楽
 悪い点:出産時の緊急事態に対応できる設備が揃っていないので、総合病院に救急車で移動する事もある

・総合病院  良い点:設備が充実している
     万一の場合にはすぐに対応できるだけの設備がある
 悪い点:診察を受ける人が多いため、診察が手薄になりがち
     母子別室がほとんどで、授乳のために移動が必要となる

高齢出産はリスクが高いので、そんな不安を解消したいのであれば総合病院がいいかもしれません。

なお、高齢出産や双子などの多胎妊娠は、一般的には「リスクありの妊婦」に分類されます。

また、希望の病院があっても、入院できるかどうかわかりませんので、これから妊娠の予定がある方は、早めの産院探しをおすすめします。





【PR】妊娠 出産 子育て

メニュー

芸能人の高齢出産

スポンサードリンク


リンク

高齢出産

【子どもリンク】赤ちゃんの病気 高齢出産 妊娠 出産 子育て悩み相談 子どもの病気 
Copyright (C) 2011 高齢出産. All Rights Reserved.