出産イメージ

妊娠初期

妊娠している間は、お母さんの身体とおなかの赤ちゃんが大きく変化します。
まず妊娠初期の変化はどうなんでしょうか。

妊娠1ヶ月(0週〜3週)は、お母さんの子宮の大きさはほとんど変わりません。
赤ちゃんは一生懸命に細胞分裂を繰り返しています。
妊娠8週目までの赤ちゃんは「胎芽(たいが)」と呼ばれます。

妊娠2ヶ月(4週〜7週)は、予定日を過ぎても月経が始まらないにので、多くの人が妊娠に気付きます。
この時期というのは基礎体温の高温期が続くので、風邪に似たような感じ・・・体が熱っぽかったり、だるかったり・・・になります。
また、ホルモンが変化するため、乳首が黒ずんできたりする事があります。
子宮は、この頃には一回り大きくなって、腰や下腹部が少し不快に感じることもあります。
人によっては、つわりが始まります。
一方、赤ちゃんは、身長がおよそ2cm位になります。
心臓が形作られてきて、心拍音を確認出来るようになります。

妊娠3ヶ月(8週〜11週)のお母さんの子宮は、にぎりこぶし位の大きさにまで大きくなります。
そのため、子宮が膀胱を圧迫して、頻尿になることがあります。
この頃になると、ほとんどの人がつわりを感じるようになります。
つわりの症状は10週〜11週がピークで、その後徐々に軽くなります。
また、流産の危険性があるので、この時期には激しい運動は控えるべきです。
一方、赤ちゃんは、身長がおよそ8cm、体重がおよそ20gにまで大きくなってきていて、頭や手足が出来てきて、動くようになります。

妊娠4ヶ月(12週〜15週)には、つわりが終わって食欲が回復し、おなかも膨らみ始めます。
足のつけ根が痛くなったり、つったりすることがあります。
14週過ぎには胎盤がほぼ完成するので、流産のおそれも少なくなります。
赤ちゃんは、身長はおよそ15cmになり、体重がおよそ100g、手足や内臓の形ができ、大脳や小脳なども成長してきます。
また、筋肉や骨も発達してきて、羊水の中を自由に動き回る事が出来るようになります。





メニュー

妊娠中の注意点

芸能人の高齢出産

スポンサードリンク


リンク

高齢出産

Copyright (C) 2011 高齢出産. All Rights Reserved.