出産イメージ

スウェーデン高齢出産

海外における出産の状況は日本に比べるとかなり進んでいます



高齢出産をする人のうち、多くの人が仕事の関係で出産が遅くなったと言われています
また、高齢出産後には夫婦そろって育児に励むという家庭が日本でも多いのです
ただ育児休暇を取得するのは圧倒的に女性が多く、男性は育児休暇をとる人はほとんどいないのが現状です



女性が出産後に仕事に復帰しても、高齢出産の場合は育児との両立が難しくて、仕事を辞める人が少なくありません 働きたいという女性のために託児所や保育園が用意されていますが、子供がまだ小さいうちは急に呼び出される事もあります
子供のためにそうそう仕事を休むことは許されない雰囲気が日本の会社にはあります



福祉が発展しているスウェーデンはどうでしょうか・・・
スウェーデンでは会社自体が働く女性に優しいシステムになっています
なんと育児休暇を最長3年もとることができるのです
そして最初の1年間は、給料の80%程度が支給されます
さらに育児休暇明けで復帰した時も、休む前と同じ条件で働かせてもらえるのです
また出産日から夫も有給休暇を3週間もらうことができます
一番大変な時期は夫婦で子供の面倒をみるのです



日本の女性のうちフルタイムで働いている人は約13%ですが、スウェーデンでは50%に達します
これは、出産という大仕事がある女性に対して、働きやすい環境を整えている結果と言えると思います





メニュー

妊娠中の注意点

芸能人の高齢出産

スポンサードリンク


リンク

高齢出産

Copyright (C) 2011 高齢出産. All Rights Reserved.