出産イメージ

つわり

妊娠初期の悩みと言えば、何といっても「つわり」でしょう。 つわりは、妊娠8週から11週頃がピークとなります。 食欲不振や吐き気、嘔吐という様な症状が現れます。 つわりの程度は人によって違い、ほとんど症状が現れない人もいれば、起き上がるのも辛くなるくらいひどい症状の人もいます。

つわりが起こる原因は、まだはっきりとはわかっていません。 妊娠によって急にホルモンのバランスが崩れる為ではないか、と考えられています。 ほとんどの人が、16週頃までには治まってきます。 なかには、症状がひどくて入院する必要がある場合もあります。 つわりが辛いときは、我慢しないで医師に相談しましょう。

つわりの症状がひどい時には、食欲もなくなりきちん食事を摂れなくなり、おなかの赤ちゃんのことが心配になるかもしれません。 でも、この頃の赤ちゃんというのは、まだ栄養をたくさん摂る必要がない時期ですから、お母さんが十分に食べられなくても、あまり心配いりません。 のどを通りやすい食べたいものを食べるようにして、しっかりと休息をとることを心がけましょう。

また、嘔吐が続く場合は、脱水症状を引き起こしやすくなりますので、水分を十分に補給してください。 たくさん水分を飲むことが出来ない場合は、何回かに分けて飲むようにしてください。

キッチンに立つことも辛いという人は、つわりが治まるまでは適当に手を抜いて体を休めるのも良いのでしょうか。 家族に相談して協力を仰ぐようにしましょう。





メニュー

妊娠中の注意点

芸能人の高齢出産

スポンサードリンク


リンク

高齢出産

Copyright (C) 2011 高齢出産. All Rights Reserved.